子育て 海外旅行

【最新版】機内持ち込み可能なベビーカー5選!失敗しない選び方!【折りたたみ】

こんにちわ!

今回は、子連れ旅行マニアが選ぶ、機内持ち込み可能なベビーカーを厳選してご紹介!

今からご紹介する失敗しない選び方は必見です!

新生児頃から使えるものもありますよ♪

この記事を見れば、気に入る旅行用ベビーカーに出会えること間違いなし!

こんな人におすすめの記事

  • 機内持ち込み出来るベビーカーを探している
  • 簡単にたためるものが欲しい
  • 自転車にも載せて持ち運びたい

どんなベビーカーが機内持ち込み出来る?

まずベビーカーを機内に持ち込むには、折りたたんだ状態で各航空会社の規定サイズ以内である必要があります。

航空会社別規定サイズ

JAL

高さ・幅・奥行の合計が115cm以内(55cm × 40cm × 25cm以内)

ANA

高さ・幅・奥行の合計が115cm以内(55cm × 40cm × 25cm以内

PEACH

3辺の合計が115cm以内

ジェットスター

高さ56cm×幅36cm×奥行23cm以内

 

※上記のサイズはすべて、ハンドル等を合わせた長さです。

座席数100席以内の小型機は、規定サイズが変更となる場合がありますので、各航空会社へお問い合わせください。

 

失敗しない折りたたみベビーカーの選び方

機内持ち込みOKのベビーカーを選ぶ際は、以下の項目を参考にしてください。

ポイント

  • 折りたたんだ時のサイズ
  • 安全性に優れた商品か
  • 対象年齢に達しているか

安全性はもちろん、対象年齢は新生児から使えるものや、生後6ヵ月以上の腰が据わりだした頃から使えるものと様々です。

また、ネット上には、機内持ち込み出来ると記載があるにも関わらず、実際持ち込もうとしたら、ハンドル分のサイズがオーバーしていて断られた!なんてことが、稀にあります。

商品折りたたみ時サイズの記載にハンドル部分が含まれていなかったのです。

今回は、各航空会社の規定サイズをクリアしているものだけを厳選してご紹介します。

サイズオーバーの場合、預け入れ荷物として預ける必要があり、レーンでの受け取りになりますので、ご注意ください。

預け入れの場合

機内持ち込みではなく、レーンで受け取る預け入れの場合は、ベビーカーのサイズに規定を設けている航空会社は少ないので、基本的にどのサイズでも、預けることが可能です。

しかし、旅行に持っていく場合、預け入れるとしても、10kg以上あるような重すぎるベビーカーはおすすめ出来ません。

現地のエレベーター事情などで、ベビーカーを担ぐ機会があるときに、重いベビーカーだととても大変です。

折りたたみベビーカーの重さはだいたい5kg前後です。

子連れ旅行向けのベビーカーには、3kg前後の軽量タイプもありますので、

軽量を重視するのか、機内に持ち込める折りたたみを重視するのか、

それぞれメリットデメリットがありますので、用途に合わせて選びましょう。

機内持ち込み可能ベビーカーのメリット・デメリット

メリット
  • 機内持ち込み出来る
  • コンパクト
  • 新生児から乗れるものがある
デメリット
  • 5kg前後の重さがある
  • 折りたたむのが面倒

軽量ベビーカーの場合

メリット
  • とにかく軽い
デメリット
  • 機内持ち込み出来ない
  • 新生児向けの商品が無い

機内持ち込み可能おすすめベビーカー5選

新生児から乗れる唯一のベビーカー

バガブー アント

三段階リクライニングで新生児にも対応しているバガブーアント。

7.2kgとやや重いだけあって、耐久性に優れており、高性能サスペンションで、長距離移動や、月齢の低い赤ちゃんが乗っても安心です。

バガブーアントのすごいところは、対面式・背面式に切り替えが出来るところ。

旅行用だけでなく、メインベビーカーとしても利用できます。

バガブーアントメモ

  • 高さ55×幅38×奥行23
  • 本体重量 7.2kg
  • 新生児~体重22kgまで

 

ポイント

  • 公式4年保証
  • 8kgまで積載可能なバスケット付き

生後1ヵ月から乗れるベビーカー

カトージ ミニバギ

カトージのミニバギはご紹介する中で最もコンパクトなベビーカー

自転車のカゴにも入るように設計されています。※カゴの大きさによる

お出かけの際、駅までは自転車で行き、ベビーカーに乗り換えるということも可能です。

前輪駆動でスイスイ動きます。

ハンドルの高さが変えられるので、パパが使う際にも疲れにくくておすすめ。

カトージミニバギメモ

  • 高さ35×幅39×奥行17
  • 重さ 5.8kg
  • 生後1ヵ月~体重15kgまで

 

ポイント

  • 折りたたみ最小サイズ
  • リクライニング三段階調整可

生後6ヵ月から乗れるベビーカー4選

サイベックス リベル

サイベックス リベルのすごいところは、ものの数秒でコンパクトに折りたためるところ。

バタバタしているときでも、サッと開いて、サッと使えます。

前輪サスペンション付きで段差もラクラク。

専用ベビーシートを付けると生後1ヵ月から使用可能!

サイベックスリベルメモ

  • 高さ48×幅32×奥行20
  • 重さ 5.9kg
  • 生後6ヵ月~22kgまで

 

ポイント

  • 足元も2段階リクライニング
  • 大きめの日よけ付き

ポキットプラス オールテレイン

超コンパクトで有名だったポキットプラスがリニューアルして登場

大きくなった日よけはUPF+50で日焼け対策もバッチリ。

片手で押しても安定して操作できます。

本当にコンパクトなので自転車のカゴにも入れることが出来ます

ポキットプラスメモ

  • 高さ42×幅35.5×奥行21
  • 重さ 5.6kg
  • 生後6ヵ月~17kgまで

 

ポイント

  • 他と被らないゼブラ柄あり
  • 別売り専用シートで生後1ヵ月から使用可能

BuKO 折りたたみベビーカー

BuKOオリジナルの折りたたみベビーカーは、とにかく安い

お値段1万円以内でおさまります!

安いのにしっかり丈夫なアルミ合金を使用しています。

日よけが真っすぐなので、前からの日光はあまり遮れないかなという気がしますが、重さやサイズも申し分なく、ワンタッチで簡単に開けるのも良いところ。

BuKOメモ

  • 高さ50×幅35×奥行18
  • 重さ 5.6kg
  • 生後7ヵ月~15kgまで

 

ポイント

  • レビュー記入で保証1年延長
  • 高さがあるので押しやすい

機内持ち込み可能なおすすめ折りたたみベビーカーまとめ

以上、機内に持ち込める折りたたみベビーカーを5選ご紹介しました。

気になる商品は見つかりましたでしょうか?

なお、確実に機内へ持ち込んでいただくため、少しでもサイズオーバーしているベビーカーは掲載していません。

子連れで色々旅行に行った経験ですが、サイズオーバーに関しては、航空会社によって対応が異なります。

多少オーバーしてても大丈夫だったという声もありますが、出来れば規定内で選ぶことをおすすめしています。

今回の記事が参考になれば幸いです♪

  • この記事を書いた人

みに《パンダの飼い主》

こどもが生まれて、在宅ワーママに転身。ブログ以外にも、動画編集やネットショップ運営をしている。海外移住に憧れているアラサー。

-子育て, 海外旅行

© 2022 みにパンダー在宅ワーママのブログー Powered by AFFINGER5